離婚と別居

モト彼の場合、恋人関係であった方もおいででしょうし、また夫婦関係の場合もあったでしょう、そこで、二人の男女関係による、現実的な問題として、離婚そして別居を考えたいと思います。


では、離婚と別居について紹介したいと思いますが離婚するにあたって別居してから離婚をするという人は多いのかもしれませんね。


離婚を考えた際に、まずは別居してみてお互いに冷却期間をおいてみてから離婚をするのかどうかを真剣に考えるという人は多いと思います。

モト彼.jpg

離婚と別居について考えた時のお互いの心境というのはどんな感じなんでしょうね。


まずは別居してみて離婚をするか考えようと話し合える夫婦の場合には離婚に至ったとしても協議離婚で済むかもしれませんが、どちらか相手が勝手に家を出て行った場合には、自然に別居という形になって離婚をすぐにしてくれる相手だったらいいのですが暴力をふるう夫から逃れるように家を出て別居をしたものの、離婚には同意してくれないというケースもあると思います。


そうなった場合には協議離婚では話し合いの解決が立ちませんから、調停離婚になったり、離婚訴訟という形になるのかもしれませんね。


別居をして3年以上たった場合には離婚することができるという話もありますが、3年も待てないといいう人も中にはいるかもしれませんね。


離婚と別居は切っても切れない関係にあります。


だいたい別居してしまった夫婦はよほどのことがない限り離婚をしなくて済むというケースはないようで一度別居してしまうと離婚へ進む可能性が高いとも言われています。

女性がいやなこと

 女性の本質と言えば本質ですが、この部分を男は案外に理解できないし、女性もまたそれが二人の関係が微妙に変化することに気が付かない場合も実は多いかも知れない。


 すなわち、女性がいやなことを知っておけば、自分はそれを絶対にしませんからもてる男になれるかもしれません。


女性がいやなことってどんなことがあると思いますか?もちろん男性に対してですが、女性が男性のこんな行動がいやだと思っているんです。

医者.jpg


例えば一番いやだと思っていることは、浮気なんだそうですね。もてる男は浮気をどれだけしてその数で勝負だとか思っていませんか?それではただの遊び人ですよ。


もてる男は女性の嫌がることはしません。ですから浮気なんてしてはいけないんですね。


そして女性が嫌がることは他にも、嘘をつくことです。もてる男は絶対に嘘はついてはいけませんね。


そして口先だけの約束もいやだそうです。口先だけでいいことを言ったり調子のいい事を言う人がいますがこれはもてる男になれない条件の一つです。



他にも、女性がいやなことというのは、束縛や携帯電話を勝手に見ることです。これはもてるもてない以前の問題ですよね。


こんな最低なことをしていたのでは女性にもてるわけがありません。


女性のいやなことをこうやってあらかじめ知っておけば絶対に嫌がることはしなくなると思いますからもてることにつながると思います。


もてる男になるためにも、女性が嫌がることは絶対にしないようにしましょう。

シンデレラは生きていた!?

シンデレラは生きていた!?


 モト彼との復縁を信じている貴方に一言、かなり今日のタイトルは冗談っぽくていいでしょう、『死んでレラと生きてレラ』を掛け合わせたのですが・・・・「んなこと言われずともわかってらい」とお叱りを受けそうです(笑

モト彼.jpg

 そこで、このシンデレラ、言わずと知れた王子様との出会いを物語りにした世界的に有名な童話です、例えば、あなたは結婚詐欺にあったことはないでしょうが、例えば、カッコイイ外車を乗り回し、またベレーボーなどをかぶり、事業家、実業家を気取り貴方に付け入り、「いや、あなたは素敵だ、世界中を駆け周った僕が見ているのだから本当だ・・・」とか散々持ち上げられ、有頂天になって舞い上がっている最中に「ごめん、今日入金があるはずなのにお金が入金されない、悪いけど直ぐ返すから、○万円貸してくれない」

 男性をみれば、立派な実業家のようだし、外車も素敵、ましてなんか私の母性本能くすぐるのね、もしてイケメンだし・・・・などと思って貸す金額が、ん十万からやがて、ん百万・・・そしてある日まとまって金を貸した翌日から彼との連絡はぷっつりと消える・・・

 おそるおそる、ケータイで知らされていた事務所、そして彼のケータイに電話を入れるが、事務所はでたらめ、もちろん彼のケータイはすでに繋がらない・・・・

 まあ、結婚詐欺の典型のようなものです、貴方にすれば『何よバカな、そんな昔からの詐欺の手口なんか見とおしよ、私がそんなのにひっかるわけないじゃん』と思っていることでしょう?

 しかし、『おれおれ詐欺』ではありませんが、ではとうして解っているはずと思っていても、このように結婚詐欺、もちろん、女性が男性を騙し、殺人まで犯した例もありますが、どうして騙されるのだろう。

 では、なぜここでモト彼との復縁を望んでいる貴方にこのような話をしたかというと、勘繰りかも知れませんが、貴方には強いシンデレラコンプレックスが深層心理に潜んでいるかも知れないのです。

 彼と上手く復縁したい、彼の胸にもう一度飛び込みたい、この気持ちと上記でいう、結婚詐欺に出会う、心理には共通点があるのですね、まだまだ日本においては『女性がいつまでも一人でいてはいけません』という傾向は強い、いくら女性が強くなった独り立ちの世になったと強調すれども、やはり、親の目、世間の目はやはり昔とそれほど変わらない。

 また、シンデレラ・コンプレックスには、男性にすがって生きることが出来てればそれにこしたことはないという強烈な打算的傾向も見逃せない。

 つまり、男性を慕う、男性に寄り添うことで幸せを勝ち取ろうとする、シンデレラ願望が知らず知らず心の中で盛り上ることが復縁を強く望む貴方と、結婚詐欺にあう女性の心理には強い共通点が見られますね。

 ではまた・・・・・

彼とのデート中に突然泣き出したあなた?

彼とのデート中に突然泣き出したあなた?


 彼との復縁を待ち望んでいるあなたかもしれません、そこでモト彼との過去の中で、あなたは、彼とデート中に限らず、突然泣き出したことはないだろうか?

 一般的にいえば、男性より女性のほうがよく泣く、物事に感動したり、ケンカをしたりしても泣くのは大抵女性が多い、まあ近頃は男も結構泣くかも知れない・・・


医者.jpg

 まあ、とにかく、一般的なことですから、これは女性は素直に感情を表すのに慣れていることがいえるでしょう、大抵は男子は泣いてはイケナイと教えられているからです・・・

 そこで、あなたは、何を思ってか、彼に対する気持ちの高ぶりを押さえらずに泣き出したとします、例えば、日頃の不平や不満、ストレス、単に彼に対する問題ばかりではなく、その他の問題も含め、彼に憤懣を涙で訴えたことがなかったでしょうか?

 そして、彼は『ねえ、どうしたの、どうして突然なくんだよ!』しかし理屈より感情の高ぶりでそれを彼に上手く説明できなくなる。

 この状態は、彼氏にすれば凄いストレスになる場合がる、一度なら許される行為かもしれませんが、これが幾度となく繰り返された場合、はっきりいって男性は、行為加減にして欲しいと、切に思うものなのです。

 もちろん彼の対応にも問題がある場合もありますが、感情の高ぶりは決して二人の間に何かしらのクラックが入る危険性があるのす、もしそのような感情の高ぶりも彼と貴方が別れた原因の一つかもしれませんね。

あなたは容姿に自信がありませんか?

あなたは容姿に自信がありませんか?


 復縁を望むあなたでしょう、もしあなたは自分自身の容姿に不満をお持ちではないですか、つまりもし自分の容姿に自信がないのであれば、彼一人が決して男ではない、幾人もの男はいる・・・そういったものの考え方も大切かもしれません。

モト彼.jpg

 でも・・・という気持ちも解りますが、まず、多く表に出て、多くの男性にあう事でしょう、男性といっても千差万別であり、ほとんどの男性には必ず、・・・心の中での言葉ですが・・・『君は一般的には美人じゃないけど、僕の好みなんだな〜』が必ずあるということです。

 つまり、例えばモト彼との付き合いも、その彼とあなたの好みの部分が一致したわけですから、ということはもっとあなたは自信を持って多くの男性に合うチャンスを作ることです。

 モト彼にこだわるのもいいでしょうが、別な男性とのチャンスも考えることの大切さも考える必要があるでしょう、例えば、その男性と一度だけではなく、何度も会っていると、あなたに対する男性の印象は確実に変わっていく場合があるのです。

 少しずつ、あなたのノリや性格を見せることで、徐々に彼の心をひきつけることが出来るのです、ただ大切なことは笑顔を絶やさないそれだけです。

 女性の笑顔は男を確実に引き付けます、そして大切なことは、決して貴方が彼に気が有ることを悟られないようにすることが、大切でそれが確実に彼との恋愛関係に結ぶつくかもしれないのです。

 ではまた・・・・

一人暮らしがあなたをダメにした?

彼と別けれた原因はあなたの一人暮らしだったこと?


 愛する彼と別れた原因の一つにあなたの、過去における一人暮らしにあるかも知れないという話です。

医者.jpg

 私の昔の一人暮らしがどうして彼との別れ話と原因があるのでしょう、確かに門限もなく、自由に若かりし時代を謳歌したような気もするし、少しさびしい思いもあって、その時彼とあって、『この人となら、いつまでも』と思ったわ・・・・

 実際、一人暮らしの生活を思い出せば、そして今、また一人暮らしに戻っているかも知れないあなたかもしれませんが、いろいろなことが億劫になったり、ネガティブな思いにばかりなったりしていませんか、また当時を振り返ってみて、ある意味で社会からのコミュニケを自分から絶とうしていませんでしたか?

 そして、自分は孤独、自分の孤独は永遠に続く、などと考えることが多くなり、この孤立状態が長くなると、心理学的にも証明されていますが、普通の動物であれば、かなり攻撃的になり、人の場合は、被害妄想、悪くは誇大妄想的な精神状態に陥ることがあるのです。

 その精神状態は深く、深層心理にインプットされ、表面的には彼があなたの前に表れてその深層心理は後退しましたが、彼との生活のうえで、その隠れた心理が、突然噴出す、または滲み出すことがあるのです。

 これを感じた、彼は本能的にあなたを避けようとする行動に移ることがあるのです、よく考えてください、あなたにそんな過去がありましたか?

 ではまた・・・・

主役を求めたあなたではなかったか?

主役を求めたあなたではなかったか?


 彼との復縁を希望するあなたでしょうか、今日はあなたの本質、そして男性が思う心理と女性であるあなたの心理の差を昨日に引き続き考えたいと思います。

 そこで、今日はあなたは、彼同等、いや彼以上に主役を求めたのでは無いだろうか?つまり、男性としての女性に対する心理は、やはり良妻賢母的な女性であって、下手にでしゃばる女性を求めていなかったのでは無いでしょうか?

医者.jpg

 ただ、あなたとしては、自己を主役に置かない、代償行為はもう真っ平といった心理が働いたかもしれません、『私だって主役になりたい!』と思うことと、モト彼がそのあなたの変化に気がつかなかったかもしれません。

 人の基本的欲求は大きく5つに分けられると言われます、生存の欲求、安全の欲求、所属と愛の欲求、自尊の欲求、そして自己実現の欲求と言われています。

 そこで、女性の心理の中にはこの最後の欲求である、自己実現の欲求が希薄といわれていて、特に女性は、家族や友人、知人、恋人と楽しく暮らせば、別に名誉や名声を求める必要がなかったわけで、もしあったとしてもそれは夫や子供の出世を願った『代償満足』だったのです。

 しかし、変わったのは確かです、全ての女性が変わったわけでは無いでしょうが、この変わり身を受け入れられない男性も多いということです。

 自分が変わったことを理解させなかったことはあなたにも、そしてそれを気がつかないモト彼にも少し問題はあったのでは無いでしょうか?

 ではまた・・・・

あなたのこだわりが理解できない?

あなたのこだわりが理解できない?


 彼との復縁を望み、楽しい日々を取り戻そうと腐心しているあなたかもしれません、そこで今日は彼と別れた原因を総括するうえでも大切な要因のひとつでしょう、と言うかほとんど、誰にでもあることですが、『あなたはいつ心変わりしたのですか?』です。

医者.jpg

 で、きょうその心変わりのみならず、追加したい言葉があります、それは『あなたのこだわりはなんですか?』なのです。

 もし、彼と別れた原因があなたのこだわりにあったとすればそれを自分で理解しないといけないですね、例えば、一般的かもしれませんが、今、社会に進出している女性はもうほとんどかもしれません、それも多いな原因かも知れませんが、基本的に昔ながらの『良妻賢母』が廃れたともいわれています。

 大きく言えば、男性がだらしないと言ってしまえば終わりかもしれませんが、女性が男性を軽蔑するようになったからに他ならないと考えています。

 例えば、離婚を自分から言い出す、また結婚したくない女性が増えた、仕事を生涯続けたいと言う女性も多い、食事、洗濯、掃除等を男性がしっかり受け持つ機会が増えた(笑

 など、女性が社会進出するようになってからのあなた自身のこだわりに変化を感じませんか、つまり、多分に二人の愛情行為行動は別として、男性が理想として考える女性像、そして女性が考える男性像に明らかな違いを感じたのではないでしょうか。

 もしそうであれば、その精神的な違い、男女の心理的な行き違いをしっかり総括することはとても大切なことでしょうね。

 ではまた・・・・・

男性は女性の本質をこうしているべきでしょう

男性は女性の本質をこうしているべきでしょう


 モト彼との復縁を望むあなたであれば、まずあなた自身をよく考え直す必要もあるのですが、では実際、男性である彼は、あなたのどの部分を知ることが出来ずに別れたのでしょう。

 もっとも、どの部分と言っても肉体的な問題、容姿の問題、性格の問題、性的なトラブル、色々あるでしょう、しかしどれ一つをとっても嫌い、イヤと思ってしまえば、全てがイヤ嫌いになってしまうものですし、その傾向は女性に特に強い。

モト彼.jpg

 だた、そうは言っても、彼を受け入れる心の余裕があれば、少なくとも悲しい別れはなかったかもしれません、しかしあなたの心が広くあったとしても、相手男性があなたの本質、つまり女性としての本質を理解していなかったことに要因もあることでしょう。

 悪い言葉かも知れませんが、普通で言う、『もてない男』と言っていいかもしれません、ではどんな男性が『もてない男』なのでしょう、簡単に言えば、遠くでしかあなたを見ていない男です、これはすべてが全てではありません、突然スーと近寄り女性であるあなたに寄り添うときもあるのですが、しかし本当に傍にいて欲しいときに限り、遠くに離れてしまう態度をとる男たちのことです。

 こういった男性ではなかったのですか?、肝心なときにあなたがいない、寂しいときに寄り添って欲しい、嬉しいときは一緒喜んで欲しいというある意味で他愛も無い、純粋な部分ですね。

 では、始めはおそらく、心優しい男性だったはずのあなたから、心が離れたのでしょうか? もちろんあなたにも問題はあるのですが、それは今度にしますが、基本は男性の態度関係が有ります、それは怖がらずに、少々の問題はあるかも知れませんが、『本当のあなた』を知ってもらうためには、まだまだ近寄ってもらう必要があるのです。

 肉体的な近寄りには限界がありますが(笑・・・精神的な近寄りにには再現がありませんし、しっかりあなたを見てもらうことが出来る男になるべきです。

 よく、男性が女性を見る部分を20代は顔、30代はバスト、40代はウエスト、50代では脚などといわれていますが、理屈をこね回すことよりあなたに一歩でも近寄る男性になってもらうことが重要なのです。

 ではまた・・・・
女性のためのバランス恋愛術(Love Balance Technique)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。